消費者金融即日借りたい

消費者金融即日借りたい

即日融資のために気をつけるポイント

消費者金融を利用すれば、お金が必要になったその日の内に融資を受けることができます。しかし、どの消費者金融でも確実に即日融資できるとは限りません。
今回は即日融資のために気をつけるべきポイントや、上手な貸金業者の選びかたについて解説します。

 

即日融資のために抑えておきたい基本事項

即日融資対応の業者を選ぶ

消費者金融だからといって、すべての業者が即日融資できるわけではありません。急いでお金を借りたい場合は、その日のうちに融資ができると書いてある業者を選びましょう。

 

アコムやプロミスなどの大手消費者金融は、即日融資に対応しているところが多いです。また、大手は即日融資以外のサービスも充実しています。女性限定のキャッシングサービスや、無利息期間など、お得に使えたり便利に利用できたりするサービスが充実しています。利用できる提携ATMの数も豊富で、返済手段も多いです。

 

 

申込限度額は最小限に

申込限度額が大きければ大きいほど審査にかかる時間は長くなります。短時間で審査を終わらせるためには限度額を小さくする必要があります。
限度額は必要最低限、30万円以下を目安に申し込みましょう。借入限度額は後から増やすことができます。

 

また限度額が50万円を超える場合は、収入証明書の提出が必要になります。書類の準備があるため、やはり時間がかかりやすくなってしまいます。

 

申込みはwebから

急ぎの場合はwebから申し込むようにしましょう。
他にも、電話や無人契約機、郵送、店舗などから申込みができますが、時間のロスが少なく、最も早いのはwebからの申し込みです。
24時間いつでも申込みができるため、忙しい人でも使いやすいです。
パソコンを持っていなくても、スマートフォンからも申し込みできるようになっているところが多く、周りの人に申込みがバレる心配も少ないです。

 

借入件数が多い場合はおまとめローンを利用する

借入件数が3件を超えると、キャッシングの審査には通りにくくなります。
おまとめローンやのりかえローンなどを活用し、早めに借り入れを一本化するようにしましょう。
件数を減らせば審査にも通りやすくなり、返済の手間も削減できます。

 

即日融資の申込みと審査

申込方法

申込みの方法は各社で微妙に異なりますが、web、無人契約機、電話、店舗、郵送などがあげられます。このうち即日融資が可能なのは、web、無人契約機、店舗、電話による申込みですが、即日融資を希望している場合はwebからの申し込みがおすすめです。
営業時間を気にする必要がなく、順番待ちも発生しにくいです。

 

申込条件

詳細な条件は業者や商品によって異なりますが、消費者金融の場合は「20歳以上で安定した収入のあること」が基本的な条件になります。

 

必要書類

少額の借り入れであれば、運転免許証などの身分証明書があれば大丈夫な場合が多いです。借入限度額が50万円を超える場合は必ず収入証明書が必要になります。50万円超を希望している場合はあらかじめ用意しておきましょう。

 

審査

申し込むと審査が行われます。
まずはコンピューターによって、年収や借り入れ・返済状況などの情報がチェックされます。
現在の借入額だけでなく、過去の返済状況やトラブルの有無なども確認されます。

 

審査の最終段階で、担当のオペレーターが勤務先に直接電話をかけ、在籍確認を行います。この時、キャッシングの審査だとは分からないように電話をかけるため、在籍確認によって職場にばれる心配はありません。

 

即日融資のための注意点

限度額は小さい方が良い

すでに述べたように、限度額が大きいほど審査に時間がかかります。短時間で審査をパスしたいのであれば、可能な限り限度額は低くしておきましょう。

 

加えて、貸金業法により、申込限度額が50万円以上を超える場合と他社との合計金額が100万円を超える場合は収入証明書の提出が必要になります。収入証明書の準備が必要になれば、それだけ時間がかかってしまいます。

 

法律上は限度額50万円以上か、合計金額100万円以上で収入証明書が必須となっていますが、どの限度額から収入証明書が必要になるかは業者ごとに異なります。
限度額にかかわらず収入証明書の提出を求める業者もあれば、50万円までは一切必要ない業者もあります。

 

即日融資を売りにしている業者の場合、法律で定められたラインまでは収入証明書の提出を求めないというところが多いです。

 

また、即日融資を考えなくても初回申込時には高額の限度額を認めないという業者が多いです。その後問題なく返済が行われれば、限度額をあげることができるようになります。たとえ会社員で安定した収入があっても、最初の限度額はよくても50万円程度でしょう。

 

収入と職業による違い

同じ限度額で申し込んだとしても、申込者の属性によって審査の難易度は変わります。

 

会社員であれば収入も安定しており、在籍確認も行いやすいため審査は短時間で終わります。
しかしアルバイトや自営業者の場合、審査がより慎重になり、在籍確認にも手間がかかるため、審査の難易度が上がり、審査時間も伸びやすくなります。

 

早めに申し込む

webからの申し込みは24時間受け付けていますが、審査が行われるのは営業時間内のみです。また、融資にもタイムリセットがあります。振込融資の場合は銀行の営業時間に、カードを使った融資の場合はカードを受け取る無人契約機の営業時間に注意しなければなりません。

 

 

失敗しない貸金業者の選び方

業者の探し方

銀行や消費者金融など、国内にはたくさんの貸金業者があります。しかし、その中で質の良く信頼できるキャッシングサービスを提供できているのは一部でしかありません。

 

よい業者を選ぶには積極的な情報収集が必要です。貸金業者についての口コミや体験談は数多くありますが、利用者の正直な感想もあれば、嘘の情報もあり、正しい情報を見分けるのは大変です。
大切なのは一つの情報ではなく、複数の情報をチェックすることです。幾つかを見比べてみることで、正しい情報を見極めることができるようになります。

 

即日融資ができる業者の探し方

即日融資ができるのは、大手消費者金融ばかりです。

 

即日融資をするには短時間で審査を終えなければなりません。審査を短時間で済ませるには、たくさんの貸付実績とそれに基づいた独自の審査基準が必要です。即日融資を行える大手消費者金融では、それぞれの審査基準をベースにコンピューターが審査を行っているため、短時間で審査を追えることができるのです。

 

金利ばかりに囚われない

お金を借りるとなると、どうしても金利ばかり気になってしまいがちです。
しかし、少額で短期間の融資であれば、2、3%の金利が違ったところで返済額に大きな影響はありません。僅かな禁裏の差よりも、借りやすさや返済しやすさを重視した方が良い場合もあります。

 

もちろん、高額の借り入れの場合や返済期間が1年を超えるような場合は、金利は重視すべきポイントです。

 

 

無利息期間の活用

お得に利用したいという場合は、金利ではなく無利息期間に注目するのもおすすめです。
大手消費者金融の中には、利息なしで借り入れを行えるサービスを実施しているところがあります。無利息期間内に返済すれば金利はゼロになるため、金利の低い銀行カードローンを利用するよりもずっとお得です。

 

無利息期間には初回利用時などの条件はありますが、短期間の利用であれば非常に大きなメリットがあります。

 

信頼できる業者を選ぶ

借入先を選ぶ上で最も重要なのは、信頼できる業者を選ぶということです。
世の中にはたくさんの貸金業者がありますが、中には違法な業者や法律ギリギリの業者もあります。便利さや金利の低さも重要ですが、何よりも危ない業者に引っかからないようにすることが大切です。

 

信頼できる業者かどうかを判断する基準には色々ありますが、分かりやすいのは知名度と歴史の長さでしょう。知名度のある業者はそれだけ社会から注目されており、悪いことはそうそうできません。また、悪質な業者は長続きできないため、長く会社が続いている業者の方が信頼できる可能性が高いです。

 

消費者金融と銀行カードローン

キャッシングができるのは消費者金融だけではありません。銀行にもカードローンがあります。
銀行カードローンは消費者金融のそれよりも金利が安く、限度額が大きいです。高額の借り入れであれば銀行カードローンの方がお得です。

 

しかし、急ぎの場合や少額利用の場合は消費者金融の方が便利です。
銀行カードローンは金利が低い分、審査時間が長く即日融資は難しいです。中には短時間で融資ができる銀行カードローンもありますが、その銀行の口座が必要などの条件があることが多く、誰にでも使いやすいと言うものではありません。

 

また、たしかに消費者金融の金利は銀行より高いですが、無利息期間を活用した場合は消費者金融の方がお得になることもあります。
金額や返済期間にあわせて使い分けるようにしましょう。

 

カードローンとフリーローン

カードローンとフリーローンは異なるものです。

 

フリーローンはその名の通り使いみち自由なローンです。審査も短く、すぐに借りられます。

 

カードローンは用途が限定されています。目的型カードローンと呼ばれることもあります。教育カードローンなどが代表的でしょう。審査に時間はかかりやすいものの、フリーローンよりも低金利です。
どのようにお金が使われる・使われたかについて、見積もりや領収書などでチェックが行われます。申込時に使いみちについて嘘をついたり、別の用途に使用したりした場合は、すぐに返済を求められるなどのペナルティがあります。

 

しかし、最近ではカードローンでも用途自由のものがほとんどです。金融機関でも特にフリーローンとカードローンの区別をしていないところが多いです。
ただ、教育カードローンなどの目的型のローンも存在しているため、申込みの前に用途自由かどうか確認しておくようにしましょう。

 

私は日雇いのアルバイトをしていました。

収入も少なく、収入を証明するものも持っていなかったため、モビットに行った時は1時間近く立たされた状態で待たされ、結局融資してもらうことができませんでした。モビットは金利が安いので、是非モビットで融資してもらいたかったのですが、やはり厳しいのだなと思いました。

 

それでも急にお金が必要になってしまい、何とか助けてくれるところはないかと、レイクに駆け込んだのですがやはり断られ、最終的にアコムでお金を借りることが出来ました。

出典:お金借りる

 

無人契約機のある部屋に入ったのですが、明るい雰囲気の部屋で、ほこりひとつ落ちてないような清潔な場所で、イスもあり、非常に気持ちよかったです。身分証明書のコピーを取られ、オペレーターの人と会話をし、融資してもらうまでだいたい30分くらいだったと思います。

 

収入証明も持っていなかったのに、とてもスムーズに融資してもらえたので、逆に驚いたくらいでした。

限度額は希望の額には満たなかったのですが、それでも一気に何十万も借りる予定ではなかったので、非常に助かりました。

 

アコムでお金を借りる前にレイクで借りていたことがあるのですが、その時は20万くらい借りて、遅延することなく一気に返済しました。それなのになぜレイクで借りられなかったのか不思議です。

アコムには感謝の一言です。